ゴルフのスイングが上達するのに、一番必要なことは何だと思いますか?
それは、法則通りに体が動くことです。

ゴルフには特別な動きはありません。
人が動く際に自然に出る動きを、ゴルフの動きに当てはめます。

自然に出る動き=体の動きの法則なにります。
プロゴルファーの方は、この法則通りに動いています。

しかし、一般の方はこの法則から外れてしまっている人が多くいます。
ゴルフをする前に法則を身につける必要があり、さらに磨きをかける必要があります。

1.ゴルフスイングの体の動き

 ジェイソン・デイのスイングフォーム

ゴルフスイングは体を前傾したまま肩を背骨に対して垂直に回します。

この動きには、3つの動きが関わっていますので、一つ一つ見ていきましょう。
この3つの動きのうち一つでも自然にできていないと、スイングはうまくいきません。

1−1.前にかがむ動作

 ゴルフの構え

構えの時の前傾姿勢を作るには、前にかがむ運動=前屈動作を行います。

法則通りですと、上半身が前に倒れると同時にお尻はその分後方に動きます。
この前屈動作に背筋を伸ばすこと、膝を軽く曲げることを組み合わせると前傾姿勢の完成です。

1−2.後ろに反る動作

ゴルフのフォロースルー

フォロースルーでは、体を後ろに反る動作=後屈動作を行います。

法則通りですと、上半身が後ろに反ると同時にお尻はその分前方に動きます。
このお尻の動きがないと腰だけを反ってしまい腰痛になることがあります。

1−3.左右に回す動作

ゴルフの肩を回す

肩を回すには、体を左右に回す動作=回旋動作を行います。

バックスイングは右に回旋し、ダウンスイングでは中心に戻り、インパクトからフォロースルーは左に回旋します。

体を右に回旋すると同時に重心は右に移動し、左に回旋すると左に重心が移動します。
※重心は逆方向に移動することもありますが、ゴルフの場合はこの法則になります。

1−4.横に倒す動作

 ゴルフインパクト

体を横に倒す動作=側屈動作はインパクト時が一番わかりやすいかと思いますが、この動作が法則通りに動かないとバックスイングの時にも悪い影響があります。

体を右に倒すと同時に重心が左に移動し、左に倒すと重心は右に移動します。

ここで回旋動作を思い出してください。
右に回旋するバックスイングのときは、重心は右に移動しました。

重心の右移動は側屈動作では、体を左に倒すことになります。
側屈が法則通りに動かないとインパクトからフォローの時に左体側が伸びることができません。

そして、少し難しくなるのですが、重心を右に移動させた時に体が左に倒れるのですが、法則通りに体が動かないと、バックスイングでは右の重心移動で右肩が下がってしまい、肩が背骨に対して垂直に回りません。

2.ジェイソン・デイ選手のスイング解析

ジェイソン・デイ選手のスイングを見てみましょう。

ジェイソン・デイの構えとフォロースルー                ↑前屈動作               ↑後屈動作

ジェイソン・デイのバックスイングとインパクト                ↑回旋動作                ↑側屈動作

私の写っている写真は動きを大きくしてますので少し違いがありますが、ご紹介した動きや矢印の方向は選手と同じなのがわかると思います。

3.重心の移動を極める

それでは、ご紹介した4つの動きを正しく出来るよう練習しましょう。

腰に手を当てて前屈・後屈・左右に側屈・左右に回旋してみてください。
手を当てているところからゆっくり動かします。

重心の移動を感じてください。
感じるだけでいいので、くれぐれも股関節から・骨盤から意識して動ことは必要ありません。

まとめ

前屈・後屈・側屈・回旋は体の基本的な動きになります。
この動きが法則通りに動かないと、効率の良い綺麗なフォームにはなりません。
また、どこかにストレスがかかりすぎて怪我をしてしまいます。

筋力トレーニング・体幹トレーニングや技術トレーニングの前に体の基本的な動きを身につけましょう。

法則通りに体が動いていれば、あえて肩を下げることや上げること・股関節を締めるなど、どこかを意識的に動かす必要はないと思います。

ジェイソン・デイ選手や他の一流ゴルフプレーヤーの動きは、体の法則に沿って綺麗に動いています。
ですので、フォームを改善するのに、特別なことをするのではなく、まずは本来備わっているはずの力を目覚めさせることがとても重要です。

ゴルフスイング上達は
世田谷区用賀8コンディショニング・ラボ
【パーソナルトレーニングコース】