当店のダイエットコースのトレーニングは、初めての方は想像していたよりも辛くないため痩せるのか不安に思われますが、果たして、辛いトレーニングをしないと痩せられないのでしょうか? 

ダイエットを成功させるには、正しい食事生活と正しい生活スタイルに変え、痩せる体に作り変えることです。

本日は、なぜ辛いトレーニングは効果的ではないのか。
そして、どのような体が痩せる体なのかをご説明させていただきます。

ぜひ、多くの方が辛いトレーニングから卒業していただけたら嬉しいです。

1.なぜ太ったのかを考える

多くの方は食事量を減らして辛いトレーニングで消費カロリーの方を多くしたダイエットを試みますが、太った原因とダイエット方法が合っていなければ、減量できたとしてもリバウンドします。

太る主な理由

  • 暴飲暴食
  • 不適切な食事
  • 間食
  • 不規則な生活スタイル
  • 運動不足
  • 体の循環が悪い

が挙げられます。

暴飲暴食の人が食事量を減らすことは必要です。
減らすというより適切な量にするということです。

しかし、普通の食事量の人が減らしてはいけません。
太った原因は違うところにあるからです。

運動不足の人が運動することは必要ですが、クタクタになるまで運動する必要はありません。

運動不足→辛いトレーニングではなく、運動不足→こまめに体を動かすになります。

暴飲暴食の人は不適切な食事をしていたり、不規則な生活スタイルの人は運動不足だったりしますので、原因は一つではないことが多いです。

そして、先ほど挙げた原因は全て体の循環を悪くします。

それを考えますと体の循環をよくすることがダイエットの成功になります。

2.辛いトレーニング後の体

辛いトレーニングをした後はみなさんの体は軽いですか?

運動したんだから軽いわけないだろ!!と言われそうですが、体の循環が良ければ軽いはずです。
運動したので疲労感はありますが重く感じることはありません。

例えば、スポーツ選手の試合後の体は疲労困憊で重く感じれることは想像つきます。
その状態は循環が良いと思いませんよね?

スポーツ選手は試合後に循環を良くするためにケアをします。
ということは、辛いトレーニングをした後はケアをしなければ循環は悪いままとまります。

ダイエット成功には循環の良い体が必要ですので、体を動かし循環を良くすることは必要ですが、循環を悪くする辛いトレーニングは必要ないとなります。

3.循環の良い体になればダイエット成功

循環の良い体とはどんな状態でしょうか?

リラックスした状態で、筋肉に硬さや張りがない状態が循環の良い状態です。

運動のし過ぎでも運動不足でも筋肉は硬くなります。

筋肉を緩めるのに様々なアプローチがありますが、体を動かして緩めることが一番簡単です。
その方法は、緩めるように動くことです。

トレーニングをされている方は、力一杯に動いていませんか?
運動不足の方は体が硬くスムーズに体が動かないなんてことはありませんか?

硬く動かせば体は硬くなり、緩く動かせば体は緩みます。

力みがあっては最高のパフォーマンスを発揮できませんので、一流のスポーツ選手やダンサーの方たちの動きは硬さはなく、とても柔らかくしなやかです。

普段、重りを扱ってトレーニングされている方は自体重で、運動されていない方はウォーキングで楽に柔らかさを持って動いてみてください。

柔らかく動かすなんて難しいですよね・・・

↓に緩ませる運動をご紹介していますのでご参照ください。
ダイエットのために必要な運動とは?

まとめ

ダイエットには、辛い食事制限と辛い筋トレが近道と思われがちですが、体を緩めることで楽に痩せることはできます。

しかし、楽といってもすぐに痩せるわけではありません。

正しい食生活と正しい生活スタイル、そして日々体を動かし緩めることが必要です。

急に太ることはありませんので、急に痩せることは体に負担をかけます。
ですので、ゆっくりと丁寧にダイエットに取り組んでください。

体を緩めて痩せる
8コンディショニング・ラボ
ダイエットコース