【ゴルフ】3つの動作で飛距離アップ!

【ゴルフ】3つの動作で飛距離アップ!

こんにちは、パーソナルトレーナーの本間です。

どうしたらドライバーの飛距離アップができるのか、ゴルフをされてる方にとって永遠のテーマではないでしょうか。

本日はゴルフの飛距離アップに欠かせない3つの動作についてご説明いたします。

エイト君

この記事は以下の方におすすめ!

  • 飛距離アップしたい
  • 綺麗なフォームを身に付けたい

レッスンプロの指導を受けたり、筋力が足りないと思い筋トレに励んだり、カラダが硬いと思いストレッチを行なったり整体に行ったり、色々な事をしたけど大した成果が得られなかった経験はありませんか?

レッスンプロの指導が悪いのではなく、筋トレもストレッチも整体も悪いのではなく、本当に必要だったのはカラダの使い方を知る事だったんです!

LA坊

3つの動作を極めれば飛距離アップ間違いなし!

目次

バックスイングでの3つの動き

バックスイングで、カラダを捻ることに力を注ぐ方が多いですが、もう2つの動作を行う必要があります。

エイト君

飛距離アップのためだけでなく、腰痛予防にもなりますので、ゴルフ後に腰が痛くなる方や痛めたことがある方は下記の記事を参照ください。
ゴルフで腰が痛くなるカラダの使い方

バックスイングは、ボールを打つための予備動作で、右横・後ろ(下)・右捻りの3つの動作を行なっています。
どの動作が一番ということはなく、3つの動作を合わせることが大切です。

『捻りすぎ』腰痛以外に及ぼす悪い影響

捻りすぎると、腰痛以外に横への力が使えなくなるため飛距離に悪影響を及ぼします。

下の写真は、捻りを大きくしたバックスイングです。

捻りを意識し過ぎたバックスイング
思いっきり捻ってます。

ダスティン・ジョンソン選手のバックスイングを見てください。

ダスティン・ジョンソン選手のバックスイング
とっても綺麗なフォーム!

ダスティン・ジョンソン選手の上半身は相当柔らかいため、捻りが大きく感じますが、膝の位置を見ると股関節の捻りがそこまで大きくありません。

黄色の線は股関節の角度、赤色の線はスネの角度ですが、見比べてください。
どちらの角度も違いますが、特に股関節の角度が全然違います。

カラダを大きく捻ろうとすると、股関節から後方に捻るため、写真のように黄色の線が地面と垂直に近い状態になります。
写真は体幹だけを後ろに捻っているので垂直にはなっていませんが、腕をプラスしたらほぼ垂直になります。

LA坊

なぜ垂直がいけないの?

先ほどもお伝えしましたが、バックスイングには右横・後ろ(下)・右捻りの3つの動作を行います。

もう一度、ダスティン・ジョンソン選手の黄色の線を見てください。
斜めになっています。

これは、斜め方向に力がかかっていることになり、捻り+右横と後ろ(下)の3つの動作を行っています。

再び、捻りを意識した写真を見てください。
ほぼ垂直です。

これは、垂直方向に力がかかっていることになり、捻り+後ろ(下)の2つの動作を行っています。

力はかかっている方向と逆方向に力が発揮されるため、黄色の線の伸びている方向に力が発揮されます。
ボールを前に飛ばしたいので、垂直だと力の方向が異なり、ボールに最大パワーを与えられません。

捻りが強すぎると、股関節の角度が垂直になってしまうので、捻りを意識したバックスイングは不必要です!

3つの動作を行う

3つの動作を同時に行えば、黄色の線の伸びている方向『左横と上』+捻り戻す方向『前』に力を加えられるため、その方にとっての最大パワーをボールに与えられます。

エイト君

では、どのように3つの動作を行うのか。

横に移動するラテラルスクワットをスイング系スポーツに改良したものがあるのですが、とても難しいのでゴルフの動作に近づけた動きをご紹介いたします。

もし、トレーニングでラテラルスクワットをされてる方がいましたら、ゴルフにはマイナスに働くこともありますので、当店にご相談いただくか中止した方がいいと思います。

先日のブログ『ゴルフで腰が痛くなるカラダの使い方』でも捻らない打ち方をご紹介してありますが、手をつけずに行うと股関節の動きをより意識できるので、本日は手をつけない動きをご紹介します。

下の写真を見てください。
3つの動きができています。

3面の動きを意識したバックスイング
股関節とスネが斜めになりました!
LA坊

どう動いたの?

オレンジ色の線のところ『股関節』を、右斜め後ろに引きます。

たったこれだけの動作で3つの動作を行うことができます。

3つの動作を行えているかは、股関節とスネが斜めになっているか、または、右お尻の上側と外側に張りが感じられるかで判断してください。

お尻の張りは筋肉がストレッチされ、力を出そうとしてる状態です。
捻りを意識した場合は、ストレッチ感は得られません。

ストレッチ感を得ようと力をこめて行ってはいけません。

軽やかに『ポンっ』と動きましょう!

まとめ

今回は、バックスイングに必要な3つの動作についてご説明しました。

今まで飛ばすために捻りを意識していた方は、他の2つの動作をプラスした『右斜め後ろに引く』ことを意識してみてください。

今までと違い、横への動きが少なくなった分、動作がスムーズになったはずです。
動作がスムーズになったということは、スイングスピードが上がったことになります。

スイングスピードが上がる=パワーが増す→飛距離アップ!です。

パーソナルトレーニングジム
8コンディショニング・ラボ
ゴルフトレーニングコースで飛距離アップ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる